事件・事故

橋本美和Facebook「みえてきた内助の功」郡山一家死亡事故

事件・事故

1月2日に福島県郡山市で起きた一家4人が死亡した衝突事故。この事故で父親の橋本貢さん(41)、母親の橋本美和さん(39)、長男の啓吾さん(20)、長女の華奈さん(16)が亡くなりました。Facebookを利用していた父親の貢さんの妻、橋本みわさんのフェイスブックをリサーチしていきます。

橋本美和Facebook

夫である橋本貢さんはFacebookやインスタグラムを利用していました。妻の橋本美和さんはFacebookを利用しているかリサーチしました。

フェイスブック

フェイスブック

Facebookを調べてみると同姓同名の橋本美和さんはたくさんヒットしましたが、橋本貢さんの妻である橋本美和さんと思われるFacebookアカウントはなかなか見つからず・・・

そのなかで一件だけ福島県郡山市在住の橋本美和さんのフェイスブックアカウントがありました。

フェイスブック

しかし、このアカウントは飲食店プロデュースをしている方のフェイスブックアカウントでした。郡山市在住ではありますが、パート従業員である橋本美和さんのフェイスブックアカウントとは別物のフェイスブックアカウントのようです。

リサーチした結果、橋本みわさんと思われるFacebookアカウントは今回は見つかりませんでした。

橋本美和Facebook顔画像「白石麻衣似の美人妻」

橋本美和さんのFacebookアカウントは見つからなかったため夫である橋本貢さんのFacebookアカウントをリサーチしたところ、報道でも使用されていたはしもとみわさんの顔画像を発見しました。

フェイスブック

元AKB48の白石麻衣さんの様な色白美人ですね。

橋本みわさんのこのFacebook写真は夫の貢さんとの共通の趣味であるDragon Ashのライブに行った時の写真でした。

フェイスブック

感無量でした!!

ちなみに橋本貢さんのFacebookアカウントはこちらです。

夫婦でDragon Ash好きとは思えない橋本みわさんの清楚さですが、橋本一家は貢さんを筆頭に全員でDragon Ashのライブに行くほどのDragon Ash好きです。(貢さんInstagramより)

長男の啓吾さん、長女の華奈さんと一緒にライブで楽しむめっちゃ素敵な家族です。事故の前は去年の10月に家族でフェスにも参加していました。

インスタ

橋本貢さんのフェイスブックには橋本美和さんの登場は少なく、控えめでいつも写真を撮る役だったのでしょうか。

数少ない橋本美和さん登場のもう一枚の画像は多分?橋本美和さんと思われる、華奈さんとのFacebook写真です。

フェイスブック

橋本美和「内助の功」

事故時点で橋本貢さんは40歳、妻の橋本美和さんは39歳。長男の啓吾さんが19歳なので、二人は20歳前後で結婚・出産を迎えています。若くして家庭を持った二人なので色々と苦労もあったかと思います。橋本貢さんのフェイスブックには、家庭を支える橋本美和さんの倹約家の顔が垣間見えていました。

フェイスブック

半額だからって、これは辛すぎだばい!まさに、スパイシー!

コンビニで、嫁に内緒で衝動買い!!

皆様、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。正月休みenjoyしてますか?あまりに暇すぎて、ずっと欲しかったONE PIECE全巻大人買い!!小遣い全部使っちゃった…。あとは、飲むしかねぇな!

貢さんはお小遣いせだった様ですね。奥さんに内緒でエビスビールを買うということは無駄遣いを許さない鬼嫁だったかも?

でも貢さんのインスタやフェイスブックを見ていると、貢さんは趣味にかなり注ぎ込んでいたようなので、小遣い制だけど懐の意深い優しい奥さんだったのでしょう。

福島県郡山市一家4人死亡事故概要

福島県郡山市大平町の市道交差点で軽乗用車が乗用車に衝突され、4人が死亡した事故で郡山署は11日、亡くなったのは同市大平町簓田の会社員橋本貢さん(41)とパート従業員の美和さん(39)夫婦、長男で地方公務員の啓吾さん(20)、長女で高校1年の華奈(はな)さん(16)と確認されたと発表した。4人は市内の飲食店で夕食を取り、帰宅する途中で事故に遭ったという。

県警本部科学捜査研究所でDNA鑑定を行うなどし、身元が判明した。事故当時に誰が運転していたかや、車内の着席位置は分かっていない。司法解剖の結果、美和さんの死因は一酸化炭素中毒、残る3人は焼死だった。

事故は2日午後8時10分ごろ、同市大平町の市道の交差点で発生した。優先道路を走っていた橋本さんの軽乗用車の左側面後部に乗用車が衝突し、横転、炎上。車内から4人の遺体が見つかった。軽乗用車は美和さんの所有で、事故後に橋本さん一家と連絡が取れなくなっていた。現場に信号機や一時停止、制限速度を伝える標識などはなかった。

同署は乗用車を運転していた福島市泉字長滝前、会社員高橋俊容疑者(25)を自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)容疑で逮捕。同法違反(過失運転致死)容疑で送検した。高橋容疑者は「初めて通る道で一本道と思っていた。交差点と気付いた直後に衝突した」などと供述しているという。

出典:福島民報

とらでぃふぃMAGAZINE

コメント

タイトルとURLをコピーしました