事件・事故

檜垣凉恵(ひがきすずえ)容疑者人違いで刺した「ストーカー相手の好意の女性と思った」

11/12に愛知県蒲郡(がまごおり)市中央本町の路上で女性(34)が、自称アルバイトで住所不定の檜垣凉恵(ひがきすずえ)容疑者(42)に刺された事件。当初は容疑を否認していた檜垣容疑者でしたがここにきて「間違えて刺した」という旨の供述をしているとの報道がありました。この事件の真相についてリサーチしていきます。

事件概要

11/12に愛知県蒲郡市で起きたこの殺人未遂事件。事件当日のヤフー記事がこちら。

警察によりますと、檜垣容疑者は12日午後5時半ごろ、蒲郡市中央本町の路上で、東京都杉並区の34歳の女性会社員の腹をナイフで刺した、殺人未遂の疑いがもたれています。 女性は病院に運ばれ、腹部から出血していますが、意識はあり、命に別状はないということです。 駆け付けた警察官が、その場にいた檜垣容疑者を現行犯逮捕しました。 警察の取り調べに対し檜垣容疑者は「自分がやったかどうかわからない」と容疑を否認しているということです。

引用元:news.yahoo.co.jp

事件発生直後、目撃者の通報で駆けつけた警察官が現場にいた檜垣容疑者を現行犯逮捕したということは、おそらく凶器であるナイフを持っていたなど、明らかに容疑者と分かる状態であったことが推測されます。

しかし檜垣容疑者は「自分がやったかどうかわからない」と容疑を否認。警察は被害者の女性との関係を調べていました。

檜垣容疑者プロフィール

  • 名前  檜垣 凉恵 (ひがき すずえ)
  • 年齢  42歳
  • 性別  女性
  • 住所  京都市
  • 職業  自称アルバイト

被害者プロフィール

  • 名前  不明
  • 年齢  34歳
  • 性別  女性
  • 住所  東京都杉並区
  • 職業  職業は不明

事件現場

事件現場は商店街になっています。

 

新たな供述「間違えて別の女性を刺した」

11/14になって檜垣容疑者が「別の女性と間違えて刺した」という供述をしていることが明らかになりました。その記事がこちら。

愛知県蒲郡市中央本町の路上で十二日、東京都杉並区の女性(34)が刺された事件で、殺人未遂容疑で逮捕された自称アルバイト檜垣涼恵容疑者(42)が「現場近くにいた女性を狙ったものの、間違えて別の女性を刺した」との趣旨の供述をしていることが、捜査関係者への取材で分かった。
 県警への取材では、事件の当日は現場近くでイベントが開かれており、檜垣容疑者は会場にいた主催者の女性に一方的な恨みを持っていた。
 檜垣容疑者は交流サイト(SNS)でイベントの開催を知り、住居のある京都市から訪問。会場前にいたスタッフの女性を自分の恨みを持った人物と勘違いし、折り畳み式ナイフで刺したとみられる。蒲郡署はトラブルの有無を調べている。
 署によると、檜垣容疑者は刺したことを認める一方、殺意を否認している。被害女性と面識はなかったという。署は十四日、殺人未遂容疑で同容疑者を送検した。
引用元:中日新聞

県警への取材で明らかになった”恨みを持っていた女性と勘違いして刺した

”という事実。

では誰と間違えたのでしょうか。

容疑者の狙っていた女性は誰?この事件の真相

事件当日現場近くではイベントが開かれており、檜垣容疑者は会場にいた”主催者の女性に恨みを持っていた”とされています。その主催者の女性が、檜垣容疑者がストーキングをしていた男性の知人女性ということだったのです。

捜査関係者によると、容疑者は過去に知人男性へのストーカー行為で警告を受けていた。元々、襲おうと考えていたのは男性の知人女性で、事件前から女性にSNSで一方的なメッセージを送るなど恨みを募らせていたとされる。

引用元:一般社団法人共同通信社

その女性は檜垣容疑者がストーキングしてた男性と交際していたのでしょうか。

詳細は分かりませんが、自分がストーキングをしていた男性と交際(?)している女性だと思って刺した女性が実は別人だったといわけです。

被害者の女性は幸い命に別条はないとのことですが、勘違いで刺されたにしろ、どの道自分の勝手な恨みで人を殺害しようとしていたわけですから恐ろしいです。

 

とらでぃふぃMAGAZINE

コメント

タイトルとURLをコピーしました